Set picture metadata :値が意図しないデータに書きかわる

Product :4D - 4D Server
4D : v15.4hf2

画像が傾いているので回転させて、それにExifデータを書き戻そうとしました。
書き戻さなければ、変換した画像からはEXifデータは取得できない状態でした。

TIFF/Orientationを""に、EXIF/PixelXDimensionとEXIF/PixelYDimensionが逆になるので入れかえました。
書き込んでみると、一部Exifデータが書き込んだデータと違うデータになっていました。
一応こちらで確認しているのは、ApertureValue,BrightnessValue,PixelXDimension,PixelYDimension,ExifVersionが違う様です。

■オリジナルデータ:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no" ?>

■書き込みデータ:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no" ?>

■書き込み結果:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no" ?>

保坂さま

ご連絡ありがとうございます。
こちらでも検証してみましたが、確かにご指摘の通り意図しない値に書きかわるようですね。

ACI0096913にてバグ報告いたしました。
ご迷惑をおかけして申し訳有りません。

よろしくお願いします。
:pray:

手島

本件,仕様(Standard Behaviour)である,とのことです。

ApertureValue, BrightnessValue, ExifVersion は,APIで読み/書きができますが,
PixelXDimension, PixelYDimension は,画像をセットしたときに決まるものであり,
ダイレクトに変更することは許されていない(想定されていない)のだそうです。