メソッドエディタ:フォームを開くのキーボードショートカット

Product :4D - 4D Server
4D : v16 207104 64bit
OS : Windows10

フォームを開くのキーボードショートカットが、Ctrl+KからCtrl+Lに変わっています。

現象を確認しました。

メニューバーのラベルからわかるように,

「定義を開く」のショートカットはcommand+Kで変わりなく,
実際,メニューを選択すれば,フォームが開きます。
(参考:「定義を開く」は部分的にトークンが選択された状態でもフォームが開きます。)

しかし,64ビット版では,
より上位(左側)にある「フォームを開く(command+L)」のほうが優先されるようです。
(参考:「フォームを開く」は完全にトークンが選択されていなければフォームが開きません。)

問題を開発部に報告したいと思いますが,当面,
「フォームを開く」のショートカットを無効化することで対処できるかもしれません。

ACI0096302 で登録しました。

メソッド > 定義を開く(command+K)が働くようにするためには,

ファイル > 開く > フォーム(command+L)だけでなく,
ファイル > 開く > メソッド(command+K)も無効化したほうがよさそうですね。

「定義を開く」はトークンを完全に選択する必要がなく,
文脈に応じてフォーム・メソッド・テーブルを開くので,
ずっと実際的です。

16.x ビルド 208092以降
16R2 ビルド 208094以降

・・・で修正されているはずです。

ご不便をおかけしてしまい,
申し訳ございませんでした。