プロパティリスト:フォーカスが行方不明になる

Product :4D - 4D Server
4D : v16 209603 64bit
OS : Mac OS X 10.11.6

プロパティリストのタイトルなどの入力エリアにカーソルを落とした後、Tab/Shift+Tabキーを押すとチェックボックスや入力エリアが、前後のプロパティにフォーカスしてくれますが、ポップアップ項目をいじるとその後フォーカス位置が行方不明になります。
どこもフォーカスしない状態になります。

Product :4D - 4D Server
4D : v15.4hf2
OS : Windows 10
の環境でもなる再現する様です。

保坂さま

ご連絡ありがとうございます。

こちらでも問題を検証してみました。

Mac+(v15, v16)では、プロパティリスト内でポップアップ項目をいじった後も、Tab/Shift+Tabによる移動は_可能_でした。
Windows+(v15, v16)では、プロパティリスト内でポップアップ項目をいじった後、Tab/Shift+Tabによる移動は_不可能_でした。

こちらにMacでの検証の際の動画をアップしてあります。

環境はOS X (10.11.6)/4D v16.1 64-bit (212261)

手順としては、

  1. フォーム内にボタンを作成
  2. 「オブジェクト名」の欄をクリック
  3. Tab/Shift+Tabキーでプロパティリスト内を移動
  4. リサイズオプションの「横方向サイズ変更」の項目を矢印キーで「なし」から「拡張」に変更
  5. Enterを押して確定
  6. 再度Tab/Shift+Tabキーでプロパティリスト内を移動

という手順で検証しています。

Windowsでも同じ手順で検証しましたが、こちらでは_問題が再現しました_。
環境:Windows 7 SP1/4D v15.4 32-bit (209796)
Windows 7 SP1/4D v16.1 32-bit (212261)

フォーカスが行方不明になるというより、厳密にはフォームエディター上のオブジェクトにフォーカスが戻る結果、プロパティリストに対する操作はできなくなるようです。
Windowsで上記の手順の5)以降、Tabキーは効かなくなりますが、矢印キーを連打するとオブジェクト(この場合はボタン)が移動するのが確認できます。

保坂さまとのMacでの再現性の差異には若干の疑問が残りますが、上記のこちらの検証の手順に何か違いや誤解があればご指摘いただければ幸いです。
(なお、Macの32-bit版ではポップアップを選択した後のTabキーはプロパティリストの一番上からフォーカスが移動し始めるのに対し、Macの64-bit版では選択したポップアップのすぐ下のポップアップからフォーカスが移動し始める、という差異はあるようです)。

Windowsでの問題については、バグとして報告させていただきます。

よろしくお願いします。
:pray:

おせわになります。

動画を確認しました。
ポップアップの操作は、キーボードではなくマウスのクリックで行ってみてください。

よろしくお願いします。 :pray:

保坂さま

返信ありがとうございます。

クリックすると確かにMacの64-bit版でもTabキーが使えなくなりますね。
(Macの32-bit版ではクリックでの選択後もTabキーは利用可能でした)

回避策になるかどうかは分かりませんが、Macの64-bit版においてクリックでポップアップを選択してフォーカスが行方不明になった後も、上矢印あるいは下矢印キーでフォーカスが行単位で戻ります。
その後、入力エリアがある項目(オブジェクト名やタイトルなど)で右矢印キーを押すと入力モードになり、Tabキーでの入力が再度有効になります。
Windows版では矢印キーを使用してもオブジェクトが移動するだけでフォーカスは戻らないので、回避策といってもMac 64-bit版限定のものですが。。。

参考になれば幸いです。

よろしくお願いします。
:pray:

保坂さま

遅くなってしまいすみません、こちらの件につきましては
ACI0096995
にてバグ報告致しました。

よろしくお願いします。

:pray:

手島