v18:Font fileについて

これはどの様な用途で使うものなのでしょうか? :frowning:

4D View Pro (SpreadJS) をフォント埋め込みのPDF形式でエクスポートするための関数ですが,
動作はVP EXPORT DOCUMENT(コンポーネントメソッド)に組み込まれており,透過的です。

https://livedoc.4d.com/--18/-/Font-file.301-4681477.ja.html

https://livedoc.4d.com/4D-View-Pro-18/4D-View-Pro/VP-EXPORT-DOCUMENT.301-4522260.ja.html

説明の意図がよくわからないのですが、相互のドキュメントにも何もかいていません。
一般のデベロッパーには気にする必要のない不要なコマンドと言うことでよいのでしょうか? :frowning:

View Proエリアは,CEF版のWebエリアをベースにしており,
VPコンポーネントメソッドは,内部的にWAコマンドでSpreadJSの関数を呼び出しています。

PDFエクスポートを実行する場合,標準でサポートされているフォントはわずかですが
http://help.grapecity.com/spread/SpreadSheets12/webframe.html#ExportingToPDF.html

フォントファイルを指定することにより,追加でフォントを登録することも可能です。
http://help.grapecity.com/spread/SpreadSheets12/webframe.html#UseCustomFontforPDFExport.html

VP EXPORT DOCUMENTは,これを内部的に実行しています。
コンポーネントコマンドを使用してフォント埋め込みPDFファイルを出力する限り,
Font fileは「気にする必要のない不要なコマンド」です。

それ以外の用途については,特に想定されていませんが,
ドキュメントの例題のように,View Pro/PDFエクスポートから離れた場面で使えるかもしれません。

要約すると、ほぼView Pro専用のコマンドで
View Proを利用しないデベロッパーには不要のコマンド

と言うことですね。
ありがとうございました。 :pray:

参考資料です。

https://4d-jp.github.io/2020/01/24/embed-font-in-pdf/